不眠の対策

おはようございます‼
前回のブログ更新の日も寒くなりましたが、今日の午後からまた寒くなるそうですね...💧

さて、前回は睡眠不足についてでしたが、今回はその対策について一部紹介を😊


【夜間に明かりを浴びないようにする】
“光”は睡眠に大きな影響を与えます☀
元々人間は太陽の光とともに起き、日が沈むにつれて眠るように生活してきました。
だからこそ日中に光を浴び、夜になるにつれて光を浴びることを控えましょう。
出来れば朝日を浴びましょう🌅

【日中は体を動かす】
朝や夕方に運動をすると睡眠が深くなりやすい一方で、寝る前の運動は深い眠りを妨げます。
おすすめの運動はウォーキングやラジオ体操など、全身を動かして外で行うような運動です。
先述しましたが、太陽の光を浴びることで体内時計も整います🕒

【寝る前に脳に刺激の強いものを避ける】
テレビを見たり、パソコンやスマホを操作したりすることは、脳を刺激し眠りの妨げにつながります📺
寝る前にはリラックス出来るようにしましょう。

【カフェインを控える】
コーヒーや紅茶のような、カフェインが多い飲み物は撮りすぎないように注意しましょう☕
諸説ありますが、1日3~4杯程度。寝る4時間前には控えるようにしましょう。

【室内温度と湿度を快適に保つ】
夏や冬が眠りにくいのは温度と湿度の問題🌡
適度な温度と湿度を保つことで眠りやすい環境つくりを心がけましょう。

【入浴する】
体温が睡眠に大きく影響を与えます。深部体温と表面温度の差を縮めることが大切です。
体温を眠りにつなげる簡単な方法は“入浴”です。38~40℃のお湯に浸かって体温を上げましょう🛀
また、入浴自体が副交感神経のスイッチを入れてくれるので、身体と脳がリラックスします。

入浴が難しければ、“足湯”もおすすめです👍

出来ることなら薬に頼ることなく眠れればいいですよね♪

関連記事

  1. ワクチンに希望を持ちつつ…

  2. 長い痛みとの向き合い方

  3. 手指から自律神経を整える

  4. 今の食事に足りていないものとは?

  5. 足を鍛えましょう👣

  6. 練り物製品の勧め🐡

PAGE TOP