筋力アップの過程💪

筋肉はすぐに付きません💨

・・・が、筋力は上げることが出来ます💪

スポーツによっては見た目は細いのにすごい力を発揮出来ている人もいますよね?
あるいは筋力トレーニングをして体を大きくしたにも関わらず成績が下がったり...

筋力がアップするメカニズムには主に
1.神経性要因
2.筋肥大
があります。

筋肥大は字のごとく筋肉を太くして強くすることです。

一方、
神経性要因は主に筋力アップの初期に起き、脳からの指令をどう筋肉に伝えるか?です。

綱引きで言うと、綱そのものが筋肉で、綱を引く人が神経になりますかね?

〇引っ張る人数を増やす(筋肉を支配する神経が増える)
〇引っ張る回数を増やす(筋肉に指令を送る回数が増える)
〇引っ張るタイミングを合わせる(筋肉への指令のタイミングを合わせる)

など筋肉が収縮しやすい環境をどう整えるかです。

リハビリでも開始し始めたことに動きが改善されることがありますが、
主に上記の理由が上げられます。

「もう年齢も年齢だから...」

と諦めず、トレーニングのやり方を工夫してみましょう‼

前回の手のエクササイズなんかも
今回の神経性要因を利用した運動になっておりますのでぜひ行ってみて下さい♪

関連記事

  1. タンパク質を摂る量と摂り方

  2. ロコモティブシンドローム

  3. 認知症予防と“健康”麻雀

  4. 足の小指の爪は?

  5. 睡眠不足について

PAGE TOP